同時通訳はやめられない

袖川裕美 著

右から左へ機械のごとく言葉を変換できると思われがちな同時通訳者。だが、話はそう単純ではない。のしかかるプレッシャーの中で、専門的な話を専門家でない者が仲介するという無理をするのがこの仕事。ひたすら日々の研鑽と経験で技が磨かれる職人とアスリートを合わせたような職業だ。異なる言語を行き来することで見える世界、表には見えない日々の格闘をユーモラスに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 同時通訳うちあけ話(華やかに見えますか?
  • 株価も色気かと思いつつ…
  • 「資料が命」の仕事です
  • 「知的お得感」を求めて
  • 同時通訳は"人間離れ"している? ほか)
  • 2 同時通訳が見た世界と日本(グローバリゼーションは終わった!?
  • 「アンダー・コントロール」と「トラスト・ミー」
  • ケニヤ大統領の都内視察に同行
  • ちょっと微妙な香港
  • 「おいしい oishii」を国際語に! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 同時通訳はやめられない
著作者等 袖川 裕美
書名ヨミ ドウジ ツウヤク ワ ヤメラレナイ
シリーズ名 平凡社新書 822
出版元 平凡社
刊行年月 2016.8
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85822-8
NCID BB21840780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22846081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想