脳梗塞日誌

日垣隆 著

病棟から発信!涙と笑いとリハビリの100日間。2015年11月末、突然脳梗塞に倒れたノンフィクション作家が、生きるために書くことに執念を燃やし、入院中の自らに起こっていることを「取材」し、時にユーモラスに時に激烈に綴る。絶望の中からふたたび生き直すことを選択した渾身の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 師走(東京の病院で脳と介護について考えた
  • ごめんねクリスマス ほか)
  • 第2章 正月(なぜ俺だったのか
  • 模範囚とはなにか? ほか)
  • 第3章 如月(ここまで麻痺かあ
  • 負けない、自分に ほか)
  • 第4章 弥生(掲げた夢たち、その後
  • 冷酷な言葉、そして勇気 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳梗塞日誌
著作者等 日垣 隆
書名ヨミ ノウコウソク ニッシ : ビョウトウ カラ ハッシン ナミダ ト ワライ ト リハビリ ノ ヒャクニチカン
書名別名 病棟から発信!涙と笑いとリハビリの100日間
出版元 大和書房
刊行年月 2016.5
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-479-79523-0
NCID BB21840350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22753710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想