「強すぎる自民党」の病理

池田信夫 著

2016年7月の参議院選挙では、自民・公明の与党が過半数を大きく上回り、「改憲勢力」が3分の2を超える戦後初めての状況になった。しかし、「アベノミクス」の下、成長率はゼロに近づき、政府債務は1100兆円を超えた。しかも高齢化はさらに急速に進み、このままでは2030年代には社会保障会計は大幅な債務超過になりかねない。にもかかわらず、安倍内閣はポピュリズム政治を繰り広げ、野党は「民共共闘」などという失策を重ねるばかり。どうしてこんな政治になってしまっているのか。戦後政治史を追って、日本の「無責任の体制」の根源を衝く意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世界に広がるポピュリズム
  • 老人の老人による老人のための政治
  • 六〇年安保で失われた政策論争
  • 社会党という無責任政党
  • 田中角栄の生んだバラマキ福祉
  • 小沢一郎がつくって壊した日本の政治
  • 小泉政権「官邸主導」の革命
  • 民主党政権の「政治主導」はなぜ失敗したか
  • 「安倍一強」はいつまで続くのか
  • 成長経済から成熟経済へ
  • もし小泉進次郎が首相になったら

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「強すぎる自民党」の病理
著作者等 池田 信夫
書名ヨミ ツヨスギル ジミントウ ノ ビョウリ : ロウジン シハイ ト ニホンガタ ポピュリズム
書名別名 老人支配と日本型ポピュリズム
シリーズ名 PHP新書 1058
出版元 PHP研究所
刊行年月 2016.8
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-83069-8
NCID BB21834992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22779569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想