丸山眞男の敗北

伊東祐吏 著

政治学と日本思想史の泰斗・丸山眞男(一九一四‐九六年)。『日本政治思想史研究』や『現代政治の思想と行動』など、戦後最大の知識人が残した著作は、今なお多くの読者を魅了し続けている。本書は、すでに神格化された知の巨人と正面から向き合い、独自の「哲学」を読み取る試みである。そして、その試みはやがて衝撃的な事実を明らかにする-。いまだ現在進行形の「戦後」を生きる私たちにとって必読の思考体験がここにある!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 丸山眞男の「哲学」
  • 第2章 戦中の"転向"
  • 第3章 敗戦と再生
  • 第4章 民主化のパラドクス-第一期:占領下の時代(敗戦〜一九五〇年)
  • 第5章 奪われた全盛期-第二期:「逆コース」の時代(一九五〇年〜五五年)
  • 第6章 政治学者としての終焉-第三期:経済成長のはじまり(一九五五年〜六〇年)
  • 第7章 日本思想史家としての格闘-高度経済成長の時代(一九六〇年以降)
  • 第8章 丸山眞男の敗北

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 丸山眞男の敗北
著作者等 伊東 祐吏
書名ヨミ マルヤマ マサオ ノ ハイボク
シリーズ名 講談社選書メチエ 629
出版元 講談社
刊行年月 2016.8
ページ数 265p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258632-0
NCID BB21821797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22780309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想