文学部で読む日本国憲法

長谷川櫂 著

憲法を読んでみよう。あえて法学の作法を用いず私たちがふだん使っている「日本語の文章」として。そこに綴られた言葉の奥に、どんな叡智が込められているのか。民主主義・平和主義・表現の自由の原点に立ち返る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 前文を解体する(前文はなぜ難しいのか
  • 明治憲法への断罪と旧体制との決別 ほか)
  • 第2章 闘う日本国憲法(「国民の信託」というフィクション
  • 「万世一系」という大義名分 ほか)
  • 第3章 民主主義の理想と現実(国民の意思をどう集約するか
  • 民主主義は「数の政治」 ほか)
  • 第4章 平和とは言葉の戦争(戦争、戦力、交戦権を放棄
  • 安保条約、在日米軍、自衛隊 ほか)
  • 第5章 表現の自由と人間の幸福(国民の幸福こそ民主主義の目的
  • 表現の自由は民主主義の土台 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学部で読む日本国憲法
著作者等 長谷川 櫂
書名ヨミ ブンガクブ デ ヨム ニホンコク ケンポウ
シリーズ名 ちくまプリマー新書 260
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.8
ページ数 167p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68963-4
NCID BB21820761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22782346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想