啓発録

橋本左内 著 ; 夏川賀央 訳

全文をとことん読みやすくしました!『啓発録』は21分で読めます(20代30代10人平均値)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『啓発録』現代語訳(啓発録叙
  • 去稚心-稚心を去る「幼き心」など、今ここで捨て去ってしまおう ほか)
  • 第2章 『啓発録』原文(去稚心
  • 振気 ほか)
  • 第3章 「学制に関する意見文書」(いま、我が藩から日本を変えるのに必要なこと
  • 優れた人材を得るための四つの条件 ほか)
  • 第4章 「為政大要」(リーダーは広き視野をもって全体を見るべし
  • 人の上に立つ者は、「賞」と「罰」の与え方を知っている ほか)
  • 第5章 松平春嶽撰「橋本左内小伝」(我が家臣、橋本左内は十六のころから、人と違っていた
  • 若くして左内は、我が藩の教育改革を担うことになる ほか)
  • 解説-この大きな夢を語る少年武士に、私たちは何を学ぶべきか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 啓発録
著作者等 夏川 賀央
橋本 左内
書名ヨミ ケイハツロク
書名別名 Keihatsuroku
シリーズ名 いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ 12
出版元 致知出版社
刊行年月 2016.6
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8009-1114-8
NCID BB21808686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22751176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想