衝突と融合の東アジア文化史

河野 貴美子;王 勇【編】

寄せては返す波のように、古来、異なる文化・文明の出会いは、衝突や淘汰、融合や消化を繰り返し、新たな文化を構築してきた。人びとの往来が、物語やイメージの伝播が、歴史的な経験や思考が、東アジアにいかなる文化を生み出したのか。古代から近現代に至る中で引き起こされたさまざまな「事件」にスポットをあて、文化形成の過程を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 中日における「漢」文化
  • 2 歴史の記述、仏僧の言説-植物・生物をめぐる
  • 3 高句麗・百済・日本
  • 4 漢文の摂取と消化
  • 5 イメージと情報の伝播、筆談、コミュニケーション
  • 6 著述の虚偽と真実
  • 7 アジアをめぐるテクスト、メディア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 衝突と融合の東アジア文化史
著作者等 河野 貴美子
王 勇
書名ヨミ ショウトツトユウゴウノヒガシアジアブンカシ
シリーズ名 アジア遊学
出版元 勉誠出版
刊行年月 2016.8.10
ページ数 199p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-22665-9
NCID BB21799392
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想