吉田茂と岸信介

安井浩一郎, NHKスペシャル取材班 著

敗戦国日本、"豊かさ"か"自立"か?二人の首相、信念と選択のせめぎ合い。その結果誕生し、うねりとなっていった保守の二大潮流。吉田と岸の攻防、それは政策の選択であると同時に、人間感情のせめぎ合いによって生まれたものだった。こうした人間の実像を解明せずして、政治の本質は見抜けない。巻末に田原総一朗・御厨貴両氏の対談を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 始まりは焦土から
  • 1 奔流する二つの系譜(終戦〜一九五五年)
  • 2 岸の秘めた改憲構想、そして挫折(一九五七年〜一九六〇年)
  • 3 "豊かさ"が"自立"を飲み込んでいく、しかし…(一九六〇年〜一九八〇年代)
  • おわりに 混迷と模索の時代へ
  • 対談 戦後政治における二大潮流とは-田原総一朗×御厨貴

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉田茂と岸信介
著作者等 NHKスペシャル取材班
安井 浩一郎
日本放送協会
書名ヨミ ヨシダ シゲル ト キシ ノブスケ : ジミントウ ホシュ ニダイ チョウリュウ ノ ケイフ
書名別名 自民党・保守二大潮流の系譜
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.7
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-025469-4
NCID BB21797524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22778036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想