社会を変える健康のサイエンス

東京大学医学部健康総合科学科 編

[目次]

  • 第1部 ヒトと環境の科学(地球にやさしいと健康にやさしいのか?-気候変動と健康
  • 遺伝子研究でヒトの健康は変えられるのか?-ゲノム解析と医療
  • 新型インフルエンザが近未来に出現したら?-危機管理と健康 ほか)
  • 第2部 ひとが生きることを支える科学(医療で女性は幸せになったか?-母となることを支える助産学
  • 児童虐待を予防するには?-医療と行政の連携
  • 人生の最期を自分らしく過ごしてもらうには?-逝き方を支える終末期の看護 ほか)
  • 第3部 人と社会の健康をつなぐ科学(くすりの効果をどのように評価するのか?-生物統計学による科学的品質管理
  • メタボはなぜ悪いのか?解消できるか?-肥満の健康科学
  • 健康のために自由を制限できるのか?-ウェルビーイングを考える倫理学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会を変える健康のサイエンス
著作者等 東京大学医学部
東京大学医学部健康総合科学科
書名ヨミ シャカイ オ カエル ケンコウ ノ サイエンス : ケンコウ ソウゴウ カガク エノ ニジュウイチ ノ トビラ
書名別名 健康総合科学への21の扉
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2016.7
ページ数 134p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-13-063406-9
NCID BB21792644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22774438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
あふれかえる化学物質の安全性を明らかにするには? : 環境汚染化学物質とヒトの健康 大迫誠一郎
くすりの効果をどのように評価するのか? : 生物統計学による科学的品質管理 松山裕
イノベーションが健康をどのように変えるのか? : バイオデザインによる技術開発 小山博史
ケアを支えるモノづくりとは? : 看護学と工学の融合 仲上豪二朗, 真田弘美
ストレスとどうつきあうか? : メンタルヘルスの科学と実践 宮本有紀, 島津明人, 川上憲人
メタボはなぜ悪いのか?解消できるか? : 肥満の健康科学 李廷秀
人のつながりは健康に影響するか? : 社会と健康の関係を科学する社会疫学 近藤尚己
人生の最期を自分らしく過ごしてもらうには? : 逝き方を支える終末期の看護 山本則子
人類は塩とどうつきあってきたのか? : 食を科学する栄養疫学 佐々木敏
健康のために自由を制限できるのか? : ウェルビーイングを考える倫理学 瀧本禎之
健康総合科学とヒト・ひと・人 橋本英樹
児童虐待を予防するには? : 医療と行政の連携 佐藤伊織
医療で女性は幸せになったか? : 母となることを支える助産学 春名めぐみ, 松崎政代, 笹川恵美
地球にやさしいと健康にやさしいのか? : 気候変動と健康 渡辺知保
感染症の脅威とどう闘うか? : くすりの開発とグローバルヘルス 北潔, 渡邊洋一
放射線による影響には個人差があるのか? : 放射線感受性と生体適応のしくみ 宮川清
新型インフルエンザが近未来に出現したら? : 危機管理と健康 水口雅
看護職を惹き付ける職場とは? : 患者のために力を発揮できる職場づくり 武村雪
被災者を支えるまちづくりとは? : 地域診断に基づくコミュニティ・ディヴェロップメント 永田智子
遺伝子研究でヒトの健康は変えられるか? : ゲノム解析と医療 宮川卓, 徳永勝士
長寿日本はこれからも続くのか? : 健康の社会経済学 橋本英樹
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想