ウラジオストク

ゾーヤ・モルグン 著 ; 藤本和貴夫 訳

当時の資料・写真・関係者の証言に基づくロシア極東の地に刻まれたもう一つの日本近代史。往時の人とモノの移動を物語る文献にして第一級の史料。街の歴史と、異国の地に暮らした日本人の生活史を辿る初の「ウラジオストク通史」

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ウラジオストクへの最初の日本人の出現から日露戦争の終結まで(ここがウラジオストクの港となるであろう
  • 瀬脇寿人のウラジオストク訪問
  • ウラジオストクを訪れた最初の日本人たち ほか)
  • 第2部 ポーツマス条約から日本の軍事干渉終了まで(1905〜1922年)のウラジオストク日本人居留民(ポーツマス講和条約締結からロシア革命まで(1905〜1917年)の日露関係
  • 日本に対する極東諸権力の立場(1906〜1916年)
  • スパイ熱 ほか)
  • 第3部 日ソ外交関係の樹立前後から1937年の全日本人引き揚げまでのウラジオストク日本人社会(ロシア内戦と干渉戦争の終結から日ソ間の外交関係樹立まで
  • 横浜正金銀行とツァーリの金塊
  • 初期の外交関係とウラジオストクにおける日本の存在(1925〜1929年) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウラジオストク
著作者等 Morgun, Zoia Fedorovna
Morgun, Zoya Fedorovna
藤本 和貴夫
モルグン ゾーヤ
書名ヨミ ウラジオストク : ニホンジン キョリュウミン ノ レキシ センハッピャクロクジュウ センキュウヒャクサンジュウナナネン
書名別名 Японская мозаика Владивостока

日本人居留民の歴史1860~1937年
出版元 東京堂
刊行年月 2016.8
ページ数 340p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-490-20942-6
NCID BB21767013
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22774083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想