その痛みやめまい、お天気のせいです

若林理砂 著

「古傷が痛むと雨になる」は迷信ではありません。気温・湿度・気圧などの変化に、自律神経は大きく影響を受けています。予約の取れないカリスマ鍼灸師が、自宅でできる解消法をアドバイス。市販薬や食べ物、ペットボトルを使ったお手軽温灸などで、症状がみるみる改善します。さらに、生活習慣をちょっと見直すだけで、自律神経が整い、お天気に揺さぶられない体が作れます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 お天気別処方箋(春-気温も気圧も不安定で、意外と過酷
  • 梅雨-不快感マックス
  • 夏-湿度高めのうえ高温で、体に厳しい ほか)
  • 第2章 天気と体の関係(ヨーロッパでは「生気象学」が盛ん
  • 2014年、京都大学が画期的な研究結果を発表
  • 実証実験が難しい気象病研究 ほか)
  • 第3章 天気に左右されない体の作り方(妊娠を機に"養生ブートキャンプ"に突入
  • 「ほどほどに」が養生の基本
  • 自律神経を安定させて、お天気に揺さぶられにくくする ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 その痛みやめまい、お天気のせいです
著作者等 若林 理砂
書名ヨミ ソノ イタミ ヤ メマイ オテンキ ノ セイ デス : ジブン デ ジリツ シンケイ オ トトノエテ ナオス カンタン カイショウホウ
書名別名 自分で自律神経を整えて治すカンタン解消法
シリーズ名 健康人新書 053
出版元 廣済堂
刊行年月 2016.7
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-331-52034-5
NCID BB21753642
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22764682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想