ルポ看護の質

小林美希 著

深刻さを増す人手不足の問題、また入院期間短縮化と在宅化が急速に政策的に推進される中で、ひずみをもろにかぶっている看護の現場ひいては患者の置かれた実態に、定評ある著者が鋭く切り込む迫力のルポルタージュ。看護の最前線で、いま何が起こっているのか。本来の看護とは何か、多職種によるチーム医療とは何かを問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 看護の質の劣化(「よくあの時、患者さんが死ななかった」
  • 思うような看護ができない ほか)
  • 第2章 姥捨て山の時代がやってきた(私の仕事は「追い出し屋」
  • 「たらい回し」の仕組み ほか)
  • 第3章 真のチーム医療とは何か(チーム医療の促進で、救命率が大きく変わった
  • 周産期医療における多職種連携 ほか)
  • 第4章 あるべき看護の姿とは(「特定行為に係る看護師の研修制度」
  • 「いつ事故が起きても不思議ではない」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルポ看護の質
著作者等 小林 美希
書名ヨミ ルポ カンゴ ノ シツ : カンジャ ノ イノチ ワ マモラレル ノカ
書名別名 患者の命は守られるのか
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1614
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.7
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431614-5
NCID BB21745382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22777780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想