日本茶の歴史

橋本素子 著

中国から茶と喫茶文化が渡来し日本で茶の生産が始まり、茶を飲む文化が形づくられていく過程を最新の研究成果をもってていねいにたどります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 平安時代-第一の伝来・唐風喫茶文化と煎茶法
  • 第2章 鎌倉時代-第二の伝来・宋風喫茶文化と点茶法
  • 第3章 室町時代-茶の生産の広がりと一般化
  • 第4章 戦国時代〜安土桃山時代-第一の改革・覆下栽培による抹茶の登場
  • 第5章 江戸時代-その1トップブランド宇治茶
  • 第6章 江戸時代-その2揉み茶の伝来と展開
  • 第7章 近・現代-海外市場へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本茶の歴史
著作者等 橋本 素子
書名ヨミ ニホンチャ ノ レキシ
シリーズ名 茶道教養講座 14
出版元 淡交社
刊行年月 2016.7
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-473-04144-9
NCID BB21739266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想