世界の金融危機とバブルの分析

宮川重義 著

金融危機はなぜ繰り返されるのか?大恐慌、北欧、アメリカ、アジア、日本の金融危機、バブル期の日本銀行の対応や量的金融緩和政策等の金融政策を分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大恐慌とその原因
  • 第2章 M.フリードマンの大恐慌論
  • 第3章 北欧の金融危機
  • 第4章 サブプライム金融危機
  • 第5章 アジア金融危機-タイを中心として
  • 第6章 日本のバブルとバスト
  • 第7章 バブルと国際政治-日銀を追い込んだ政治的背景
  • 第8章 金融危機と貨幣需要
  • 第9章 ゼロ金利制約下での金融政策
  • 第10章 フィッシャー効果について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の金融危機とバブルの分析
著作者等 宮川 重義
書名ヨミ セカイ ノ キンユウ キキ ト バブル ノ ブンセキ : ハッセイ ノ シクミ ト セイサク ノ ケンショウ
書名別名 発生のしくみと政策の検証
出版元 中央経済社 : 中央経済グループパブリッシング
刊行年月 2016.7
ページ数 318p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-19491-7
NCID BB21725192
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22769076
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想