刀の日本史

加来耕三 著

古流剣術の使い手がその美に魅入られて記した日本刀列伝!「武器」ではなく「美術品」になった、世界でも類を見ない日本刀をめぐる歴史物語満載!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 神話と考古学の刀剣(世界に類をみない日本刀
  • 刀剣に神仏をみる国 ほか)
  • 第2章 日本刀の黎明期(斧と"節刀"
  • 聖徳太子の「丙子椒林剣」 ほか)
  • 第3章 日本刀の誕生(ほんとうの源平合戦
  • とどめを刺した剣は? ほか)
  • 第4章 日本刀の真実(明が入手した日本の刀術
  • 中国の武器を日本人が集めなかった理由 ほか)
  • 終章 日本刀の宿命(切れ味の格付け
  • 鑑定師は能阿弥から本阿弥光徳へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刀の日本史
著作者等 加来 耕三
書名ヨミ カタナ ノ ニホンシ
シリーズ名 講談社現代新書 2380
出版元 講談社
刊行年月 2016.7
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288380-1
NCID BB2167083X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22773814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想