心が折れる職場

見波利幸 著

上司がアドバイス上手、「頭のいい人」が周囲にそろっている、無駄口をきかず効率最優先…こんな職場こそ、実は心が折れやすい?数々の実例を知るプロカウンセラーが、パワハラや長時間労働だけではない、不調を起こす本当の原因についてひもとき、働きやすい職場とは何かを掘り下げる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 飲み会が少ない職場は危ない(「自発的な飲み会」のない職場で、メンタル不調が多発するわけ
  • 仕事が先、プライベートは後 ほか)
  • 2章 「アドバイス上手」な上司が部下の心を折る(なぜあの部署では不調者が続出するのか
  • 2人の部下を続けて不調にしたB部長 ほか)
  • 3章 なぜ運動部を経験していないと、心が折れやすいのか(メンタル不調になりやすい人、なりにくい人
  • 運動系の部活動を経験していない人の特性 ほか)
  • 4章 90分のメンタルヘルス研修で、不調者が増える理由(メンタルヘルス研修が職場の不調者を増加させる
  • 新任管理職研修のデメリット ほか)
  • 5章 心が折れない職場とは?(会社に来られなくなる前の、危険なシグナル
  • 他人と比べずに、過去と比べる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心が折れる職場
著作者等 見波 利幸
書名ヨミ ココロ ガ オレル ショクバ
書名別名 Kokoro ga oreru shokuba
シリーズ名 日経プレミアシリーズ 312
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2016.7
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-532-26312-6
NCID BB21667405
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22769845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想