古代出雲を歩く

平野芳英 著

「神話と祭祀のくに」出雲には、古代の息吹を伝えるリアルもあふれる。初期の信仰形態をいまにとどめる石神(磐座)、スダジイの木に巻きつく巨大な藁蛇、そして熊野、出雲の両大社をはじめとする神社の数々。宍道湖をとりまく五つのルートを歩き、古代世界にどっぷりと浸ってみたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国引き神話とは
  • 第2章 支豆支の御埼を歩く
  • 第3章 狭田の国を歩く
  • 第4章 闇見の国と三穂の埼を歩く
  • 第5章 意宇川を歩く
  • 第6章 銅剣と銅鐸と谷神の地を歩く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代出雲を歩く
著作者等 平野 芳英
書名ヨミ コダイ イズモ オ アルク
シリーズ名 出雲国風土記 1612
岩波新書 新赤版 1612
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.7
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431612-1
NCID BB21664702
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22778644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想