笑いとユーモアの心理学

雨宮俊彦 著

私たちは何を可笑しいと感じるのか?それはなぜなのか?古典的な知見から最新の研究成果まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 笑いとユーモアのとらえ方
  • 第2章 笑う身体を観察する
  • 第3章 可笑しさの系譜を探る
  • 第4章 ユーモア理論を概観する
  • 第5章 感情として笑いとユーモアを位置づける
  • 第6章 笑いとユーモアの効用を探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 笑いとユーモアの心理学
著作者等 雨宮 俊彦
書名ヨミ ワライ ト ユーモア ノ シンリガク : ナニ ガ オカシイノ
書名別名 PSYCHOLOGY OF LAUGHTER AND HUMOR

PSYCHOLOGY OF LAUGHTER AND HUMOR : 何が可笑しいの?
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.7
ページ数 300p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-07691-8
NCID BB21661533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22769167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想