沖縄若夏の記憶

大石芳野 著

豊かな風土に寄り添って独自の文化・伝統をはぐくみ、戦争の傷跡や基地の悲劇を背負いながらも、おおらかに生きる沖縄の人びと。七色の海、サトウキビ畑、密林の廃坑、色鮮やかな花々、そして日々の暮らしの中に秘められた記憶…復帰直後から島々をわたり歩き、多面的な魅力を撮りつづけてきた著者が、沖縄への熱い想いを綴った珠玉のフォトエッセイ。文庫版には新たに写真一〇点を追加。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 七色の海
  • 海原での出逢い
  • 平和な島
  • 織りロマン
  • あけずば
  • ガジュマル
  • 六月の太陽
  • 236095個の石
  • 被害と加害
  • 南十字星
  • 温度差
  • フェンス
  • 若夏のころ
  • 密林
  • 鼓動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄若夏の記憶
著作者等 大石 芳野
書名ヨミ オキナワ ワカナツ ノ キオク
書名別名 Okinawa wakanatsu no kioku
シリーズ名 社会 301
岩波現代文庫 301
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.7
ページ数 228p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603301-9
NCID BB21661012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22770308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想