沖縄返還後の日米安保

野添文彬 著

一九七〇年代は沖縄返還が果たされた一方、米軍基地の集中化が進行した時期でもあった。なぜこの時期に基地の「固定化」が方向づけられたのか。これまで本格的な歴史研究が殆んどされてこなかった沖縄返還前後から八〇年代の動きを、日米両国の史料や聞き取り調査をもとに分析。多様に絡み合う要因を追及し、今日まで続く沖縄基地問題の起源に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本書の課題と分析の視角
  • 第1章 米国のアジア戦略再編と沖縄返還交渉 一九六四〜六九年
  • 第2章 沖縄返還実現と米軍基地縮小問題 一九七〇〜七二年
  • 第3章 沖縄米軍基地縮小への模索 一九七二〜七四年
  • 第4章 サイゴン陥落と沖縄米軍基地の再編 一九七四〜七六年
  • 第5章 日米安全保障関係の進展と沖縄米軍基地 一九七七〜八五年
  • 終章 施政権返還後の沖縄米軍基地と日米沖関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄返還後の日米安保
著作者等 野添 文彬
書名ヨミ オキナワ ヘンカンゴ ノ ニチベイ アンポ : ベイグン キチ オ メグル ソウコク
書名別名 米軍基地をめぐる相克

Okinawa henkango no nichibei anpo
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.8
ページ数 240,7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-03855-3
NCID BB21659156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22774111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想