武器輸出と日本企業

望月衣塑子 [著]

武器輸出三原則が事実上の撤廃となった。防衛省は防衛装備庁を発足させ、資金援助や法改正の検討など、前のめりに突き進む。一方で、防衛企業の足並みはそろわない。なぜか?三菱重工や川崎重工など大手に加え、傘下の企業、研究者などに徹底取材。解禁後の混乱が明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 悲願の解禁
  • 第2章 さまよう企業人たち
  • 第3章 潜水艦受注脱落の衝撃
  • 第4章 武器輸出三原則をめぐる攻防
  • 第5章 "最高学府"の苦悩
  • 第6章 デュアルユースの罠
  • 第7章 進む無人機の開発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武器輸出と日本企業
著作者等 望月 衣塑子
書名ヨミ ブキ ユシュツ ト ニホン キギョウ
シリーズ名 角川新書 K-93
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2016.7
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-082086-6
NCID BB21650399
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22774843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想