読書脳

立花隆 著

読書人の指針として「週刊文春」に四半世紀にわたり連載が続く「私の読書日記」。"9.11"総括から、傷跡も生々しい"3.11"手記に至るまで、六年分を収録。書籍の電子化が進む現在、ヴァーチャル書棚など、東京大学図書館の大改革に取り組んだ石田英敬教授との対談も必読だ。"知の世界"がいまほど劇的に変りつつある時代はない!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻頭対談「読書の未来」(石田英敬(東京大学附属図書館副館長)×立花隆)
  • 私の読書日記 2006.12〜2013.3(反キリスト、黄禍論、大英帝国
  • 検察対大蔵省、ネット社会、ウィーナー
  • 九条と日本、二・二六事件、ダイアナ妃
  • 偽書、地図、外交機密、女性のパーツ
  • フィクサー、グアンタナモ、人類の終わり
  • 宇宙飛行士、記者の執念、ドーキンス
  • マッカーサー、天皇陵、ルーシー事件
  • 九・一一、黒いアテナ、人類の足跡
  • 暴力革命、IBS、高松塚への道
  • 超ひも理論、豊田商事、カメ、六道絵 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読書脳
著作者等 立花 隆
書名ヨミ ドクショノウ : ボク ノ フカヨミ サンビャクサツ ノ キロク
書名別名 ぼくの深読み300冊の記録
シリーズ名 文春文庫 た5-24
出版元 文藝春秋
刊行年月 2016.7
ページ数 407p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790658-0
NCID BB21640894
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22757644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想