文書提出命令の理論と実務

山本和彦, 須藤典明, 片山英二, 伊藤尚 編

最新の判例を織り込み各種文書の証拠開示基準の理論的・実務的検証をさらに深化させた決定版!貸出稟議書・社内通達文書・貸金台帳・外交関係文書・刑事関係文書・診療記録・青色申告決算書等、豊富な判例を基に各種文書は証拠開示の対象となるのか、研究者・裁判官・弁護士が詳解!文書所持者および訴訟類型双方からの立体的な解説を実現!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 総論(文書提出命令の判例準則
  • 文書提出命令の理論的意義
  • 文書提出命令の審理における意義 ほか)
  • 第2編 所持者からみた文書提出命令(金融機関の文書
  • 一般企業の文書
  • 公的機関の文書)
  • 第3編 訴訟類型からみた文書提出命令(知的財産訴訟
  • 医療訴訟
  • 労働訴訟 ほか)
  • 資料編 関連判例一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文書提出命令の理論と実務
著作者等 山本 和彦
片山 英二
須藤 典明
伊藤 尚
書名ヨミ ブンショ テイシュツ メイレイ ノ リロン ト ジツム
書名別名 Bunsho teishutsu meirei no riron to jitsumu
出版元 民事法研究会
刊行年月 2016.7
版表示 第2版
ページ数 643p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86556-098-5
NCID BB21634326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22753327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想