日本帝国崩壊期「引揚げ」の比較研究

今泉裕美子, 柳沢遊, 木村健二 編著

「帝国」の瓦解、権力交替により、帰還、強制移動、残留を余儀なくされた人たち。日本敗戦前後、社会の断層を生きた人々のさまざまな「引揚げ」と苦悩、それを規定した国際関係の変動にメスをいれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近年の「引揚げ」研究の視点と本書の課題
  • 第1部 日本帝国崩壊期の日米関係と「引揚げ」(在日朝鮮人の「帰国」-一九四五〜四六年を中心として
  • 日系アメリカ人と国外退去(deportation)-強制立退き・収容政策再考(一九四五〜四六年)
  • パラオ諸島をめぐる民間人の「引揚げ」-第二次世界大戦中の兵站基地化から米軍占領下までを中心に)
  • 第2部 「地域」と「引揚げ」の諸相(日本残留中国人-札幌華僑社会を築いた人たち
  • 樺太からの日本人引揚げ(一九四五〜四九年)-人口統計にみる
  • 日本帝国圏への移民と引揚げ後の動向-愛媛県東宇和郡旧U村を事例として
  • 一九四〇年代後半期大連営業者の職業「復帰」-東北アジアの社会変動の中の財界人没落)
  • 補論 研究動向(韓国における朝鮮人「帰還」研究
  • 日本人の引揚げに関する近年の研究動向)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本帝国崩壊期「引揚げ」の比較研究
著作者等 今泉 裕美子
宮本 正明
曽 士才
木村 健二
村川 庸子
柳沢 遊
竹野 学
書名ヨミ ニホン テイコク ホウカイキ ヒキアゲ ノ ヒカク ケンキュウ : コクサイ カンケイ ト チイキ ノ シテン カラ
書名別名 国際関係と地域の視点から
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2016.6
ページ数 387p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2425-6
NCID BB21579261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22764554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想