考古学の地平  1

小林謙一, 黒尾和久, 中山真治, 山本典幸 編

[目次]

  • 序 縄文の地平研究の歩み-縄文研究の新地平から地平へ
  • 縄文集落研究と集落全体図-分析に使える基礎資料はどれだけあるのか
  • 遺跡群研究の現状
  • 「横切りの集落研究」から「横切りの遺跡群研究」へ-平均住居数という考え方がもたらすもの
  • 集落の環状化形成と時間
  • 縄文集落と景観の考古学-一時的集落景観論のアポリア
  • "場"と"もの"の考古時間-第2考古学的集落論
  • 住居型式と集落形成
  • 貯蔵穴の増加と集落の形成-縄文時代中期前葉の関東地方北東部の状況
  • 土器系統からみた縄文集落-多摩ニュータウンNo.446遺跡の分析
  • 土偶と出土状態-多摩地域の縄文中期前半の土偶多量出土遺跡の検討
  • まとめ 縄文の地平を越えて-集落および竪穴住居跡から縄文社会を読み解くために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考古学の地平
著作者等 中山 真治
今福 利恵
小林 謙一
山本 典幸
櫛原 功一
黒尾 和久
五十嵐 彰
塚本 師也
石井 寛
土井 義夫
書名ヨミ コウコガク ノ チヘイ
書名別名 縄文社会を集落から読み解く

Kokogaku no chihei
巻冊次 1
出版元 六一書房
刊行年月 2016.5
ページ数 200p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-86445-081-2
NCID BB21554362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22761606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想