大災害の時代

五百旗頭真 著

活性期に入った日本列島の地震活動。近代以降の三つの大震災-関東、阪神・淡路、東日本を中心に、二〇一六年の熊本地震まで、日本社会の地震に対する歴史性とその問題点を明らかにし、来るべき大災害への対策を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 関東大震災(地震発生のメカニズム
  • 被災地の惨状 ほか)
  • 第2章 阪神・淡路大震災(戦後平和を引き裂く直下地震
  • 安全のための第一線部隊 ほか)
  • 第3章 東日本大震災(巨大津波を生んだ海溝型大地震
  • 津波常襲地の三陸海岸 ほか)
  • 終章 地震活性期を生きる(リスボン地震との比較
  • 災害対策の現在 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大災害の時代
著作者等 五百旗頭 真
書名ヨミ ダイサイガイ ノ ジダイ : ミライ ノ コクナン ニ ソナエテ
書名別名 未来の国難に備えて
出版元 毎日新聞
刊行年月 2016.6
ページ数 330p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-620-32366-4
NCID BB21545678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22764813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想