図説シルクロード文化史

ヴァレリー・ハンセン 著 ; 田口未和 訳

シルクロードは、ロードス島の巨像やスエズ運河とならぶ、世界史の象徴だ。しかし、シルクロードとは正確にはなんだったのだろう?思い浮かぶのは、絹を積んだラクダのキャラバンが砂ぼこりのまう砂漠の道を中国からローマまで移動するという、ぼんやりしたイメージだ。現実はこれとは違っていた。そして、従来の物語よりはるかにおもしろい。そのすべてが、この新たな歴史書で明らかになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中央アジアの交差路-クロライナ王国
  • 第2章 シルクロード言語への玄関口-クチャとキジル石窟
  • 第3章 中国とイランの中間地点-トルファン
  • 第4章 シルクロードの商人、ソグド人の故郷-サマルカンドとソグディアナ
  • 第5章 シルクロード終点の国際都市-古都長安、現代の西安
  • 第6章 シルクロード史のタイムカプセル-敦煌莫高窟
  • 第7章 仏教・イスラム教の新疆への通り道-ホータン
  • 結論 中央アジアの陸路の歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説シルクロード文化史
著作者等 Hansen, Valerie
田口 未和
ハンセン ヴァレリー
書名ヨミ ズセツ シルク ロード ブンカシ
書名別名 THE SILK ROAD
出版元 原書房
刊行年月 2016.7
ページ数 384,14p 図版16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-562-05321-6
NCID BB21532122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22765868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想