家族システムの起源  1 上

エマニュエル・トッド [著] ; 石崎晴己 監訳 ; 片桐友紀子, 中野茂, 東松秀雄, 北垣潔 訳

中国とその周縁部/日本/インド/東南アジア。伝統的な家族構造が多様な近代化の道筋をつけたと論証してきたトッドは、家族構造が不変のものではなく変遷するという方法の大転換を経て、家族構造の単一の起源が核家族であること、現在、先進的なヨーロッパや日本はその古代的な家族構造を保持しているということを発見した。図版多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 人類の分裂から統一へ、もしくは核家族の謎
  • 第1章 類型体系を求めて
  • 第2章 概観-ユーラシアにおける双処居住、父方居住、母方居住
  • 第3章 中国とその周縁部-中央アジアおよび北アジア
  • 第4章 日本
  • 第5章 インド亜大陸
  • 第6章 東南アジア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族システムの起源
著作者等 Todd, Emmanuel
中野 茂
北垣 潔
東松 秀雄
片桐 友紀子
石崎 晴己
トッド エマニュエル
書名ヨミ カゾク システム ノ キゲン
書名別名 L'ORIGINE DES SYSTÈMES FAMILIAUX.Tome 1:L'EURASIE

ユーラシア. 上
巻冊次 1 上
出版元 藤原書店
刊行年月 2016.7
ページ数 417p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86578-072-7
NCID BB21531640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22770478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想