死すべき定め

アトゥール・ガワンデ [著] ; 原井宏明 訳

現役外科医にして「ニューヨーカー」誌のライターである著者が描く、迫真の人間ドラマ。人生の終盤をよりよくするために奔走した人々のエピソードが圧倒的な取材力と構成力で綴られた本書は、読む者に自らの終末期の選択について多くの問いを投げかけるだろう。終末期をどう生き、最期の時をどう迎えるのか。私たちは豊かに生きることに精いっぱいで、「豊かに死ぬ」ために必要なことを、こんなにも知らない-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自立した自己
  • 2 形あるものは崩れ落ちる
  • 3 依存
  • 4 援助
  • 5 よりよい生活
  • 6 定めに任せる
  • 7 厳しい会話
  • 8 勇気

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死すべき定め
著作者等 Gawande, Atul
原井 宏明
ガワンデ アトゥール
書名ヨミ シス ベキ サダメ : シ ニ ユク ヒト ニ ナニ ガ デキルカ
書名別名 BEING MORTAL

死にゆく人に何ができるか
出版元 みすず書房
刊行年月 2016.6
ページ数 278,10p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07982-8
NCID BB21525557
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22765273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想