Python機械学習プログラミング

Sebastian Raschka 著 ; クイープ 訳 ; 福島真太朗 監訳

機械学習とは、データから学習した結果をもとに、新たなデータに対して判定や予測を行うことです。すでにさまざまな機械学習の方法が開発されています。本書では、そうした方法について背景にある理論や特徴を解説した上で、Pythonプログラミングによる実装法を説明していきます。初期の機械学習アルゴリズムから取り上げ、終盤ではディープラーニングについても見ていきます。機械学習の理論と実践についてバランスよく解説してあり、AIプログラミングの第一歩を踏み出すための格好の一冊です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「データから学習する能力」をコンピュータに与える
  • 分類問題-機械学習アルゴリズムのトレーニング
  • 分類問題-機械学習ライブラリscikit‐learnの活用
  • データ前処理-よりよいトレーニングセットの構築
  • 次元削減でデータを圧縮する
  • モデルの評価とハイパーパラメータのチューニングのベストプラクティス
  • アンサンブル学習-異なるモデルの組み合わせ
  • 機械学習の適用1-感情分析
  • 機械学習の適用2-Webアプリケーション
  • 回帰分析-連続値をとる目的変数の予測
  • クラスタ分析-ラベルなしデータの分析
  • ニューラルネットワーク-画像認識トレーニング
  • ニューラルネットワーク-数値計算ライブラリTheanoによるトレーニングの並列化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Python機械学習プログラミング
著作者等 Raschka, Sebastian
クイープ
福島 真太朗
ラシュカ セバスチャン
書名ヨミ パイソン キカイ ガクシュウ プログラミング : タツジン データ サイエンティスト ニ ヨル リロン ト ジッセン
書名別名 Python Machine Learning

達人データサイエンティストによる理論と実践

Paison kikai gakushu puroguramingu
シリーズ名 impress top gear
出版元 インプレス
刊行年月 2016.7
ページ数 34,428p
大きさ 24cm
ISBN 978-4-8443-8060-3
NCID BB21521206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22765826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想