日本で老いて死ぬということ

朝日新聞迫る2025ショック取材班 著

団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年、病院でも家でも死ねなくなる!?知っておきたい、多死社会の介護と看取りの現実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本で老いて死ぬということ(生きがいの喪失と回復
  • 難しい「平穏な在宅死」
  • 口から食べたい)
  • 第2部 介護の現実-在宅・施設それぞれのリアル(3人介護
  • 遠距離介護
  • ダブルケア
  • 虐待を防ぐ
  • 在宅でみる
  • 訪問看護師の力
  • 特養で看取る)
  • 第3部 老いは地域社会で見守れるか(地域で暮らす
  • コミュニティ再生
  • 未来へつなぐ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本で老いて死ぬということ
著作者等 朝日新聞社
朝日新聞 迫る2025ショック取材班
書名ヨミ ニホン デ オイテ シヌ ト イウ コト : ニセンニジュウゴネン ロウジン イリョウ カイゴ ホウカイ デ ナニ ガ オコルカ
書名別名 2025年、老人「医療・介護」崩壊で何が起こるか
出版元 朝日新聞
刊行年月 2016.6
ページ数 287p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-251387-8
NCID BB21516680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22762662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想