豊臣水軍興亡史

山内譲 著

天下統一をめざす秀吉は、瀬戸内の海賊衆来島村上氏や伊勢海の九鬼氏らを味方につけ、水軍(船手衆)として重用した。九州・小田原攻めや朝鮮出兵で活躍した「海上軍事力」としての彼らを通じ、豊臣政権を見直した好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦国の水軍(西国の水軍
  • 東国の水軍)
  • 第1章 船手衆前史(来島村上氏と瀬戸内海
  • 九鬼氏と伊勢海)
  • 第2章 天下一統と船手衆(海賊衆への調略
  • 九州へ向かう船団
  • 小田原城を囲む)
  • 第3章 文禄・慶長の役と船手衆(文禄の役と船手衆の編成
  • 船手衆の再編と大船の建造
  • 再編後の戦況
  • 慶長の役と海戦)
  • 終章 豊臣船手衆の解体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 豊臣水軍興亡史
著作者等 山内 譲
書名ヨミ トヨトミ スイグン コウボウシ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2016.7
ページ数 260,7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-08296-9
NCID BB21510312
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22763928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想