オリエント世界はなぜ崩壊したか

宮田律 著

薫り高き文明発祥の地から「イスラム国」が生まれたのは運命か?必然か?メソポタミア、ゾロアスターから説き起こし、苛酷な現実から行方を見通す渾身の「中東全史」!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 オリエント興隆
  • 第2章 イスラム帝国の誕生
  • 第3章 侵食されるオリエント
  • 第4章 崩壊する文明
  • 第5章 オリエント消滅
  • 最終章 オリエントという希望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オリエント世界はなぜ崩壊したか
著作者等 宮田 律
書名ヨミ オリエント セカイ ワ ナゼ ホウカイ シタカ : イギョウカ スル イスラム ト ワスレラレタ キョウゾン ノ エイチ
書名別名 異形化する「イスラム」と忘れられた「共存」の叡智
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2016.6
ページ数 297p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603790-0
NCID BB21495718
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22765058
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想