日本国民であるために

互盛央 著

「電車の割り込みをされたとき、あなたは何を思いますか?」-そんな誰もが日常で出会う違和感は、国家の成り立ちにまっすぐつながっている。シンプルな問いから出発して「民主主義の原理」を追究し、憲法の成立過程に分け入るとき、戦後日本のあまりに特異な姿が浮かび上がる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国家はなぜできたのか(「基本的人権」とは何か
  • 「立憲主義」とは何か
  • 二つの「私」)
  • 第2章 民主主義とは何か(統治する者と統治される者
  • 「一般意志」とは何か
  • 「構成する力」と「構成された力」)
  • 第3章 日本とはどんな国家なのか(「みんな」と「私たち」の暴力
  • 「右」でもなく、「左」でもなく
  • 日本の主権はどこにあるか)
  • 第4章 日本国民であるために(「日本国民」とは誰か
  • 日本人は「無責任」な国民なのか
  • 日本国民であるために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本国民であるために
著作者等 互 盛央
書名ヨミ ニホン コクミン デ アル タメ ニ : ミンシュ シュギ オ カンガエル ヨッツ ノ トイ
書名別名 民主主義を考える四つの問い

Nihon kokumin de aru tame ni
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2016.6
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603791-7
NCID BB21494872
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22765059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想