なぜ宗教家は日本でいちばん長寿なのか

島田裕巳 著

一休禅師(88歳)、親鸞(90歳)、天海僧上(108歳)…彼らはなぜ長命だったのか。その生活スタイルに学ぶところはあるのか?"戒律"にこめられた長寿の秘訣とは?宗教学の第一人者による異色の健康論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宗教家は長生き-職業によって差が出る平均寿命(八〇歳超の大台に乗った日本人の寿命
  • 驚異的な戦後の寿命の延び ほか)
  • 第2章 宗教家が長生きである根本的な理由とは(僧侶、神主、牧師と神父
  • 本来の出家は結婚もしないし家庭ももたない ほか)
  • 第3章 仏教以外の宗教家はどうなのか(神主は俗人という神道のあり方
  • 神社で僧侶が経を唱えていた時代 ほか)
  • 第4章 宗教家が長生きする理由(生活が規則正しい
  • お経を読み呼吸法を実践する ほか)
  • 第5章 私たちが宗教家から学べること(世俗を超越した人の話にふれてみる
  • プチ修行を経験する人たち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ宗教家は日本でいちばん長寿なのか
著作者等 島田 裕巳
書名ヨミ ナゼ シュウキョウカ ワ ニホン デ イチバン チョウジュ ナノカ
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2016.4
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-601344-6
NCID BB21494012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22749556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想