1941決意なき開戦

堀田江理 著

なぜ挑んだのか、「勝ち目なき戦争」に?指導者たちが「避戦」と「開戦」の間を揺れながら太平洋戦争の開戦決定に至った過程を克明に辿る、緊迫の歴史ドキュメント。NYタイムズ紙ほか絶賛。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ たった一日。なんというその違い!
  • 戦争の噂
  • ドン・キホーテの帰還
  • 事の始まり
  • 軍人のジレンマ
  • 厄介払い
  • 南北問題
  • 七月、静かなる危機
  • 「ジュノーで会いましょう」
  • 勝ち目なく、避けられぬ戦争
  • 最後の望み
  • 軍人、出でる
  • 巻き戻される時計
  • 崖っぷち
  • ノーラストワード
  • ハル・ノート
  • 清水の舞台
  • エピローグ 新たな始まり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 1941決意なき開戦
著作者等 堀田 江理
書名ヨミ センキュウヒャクヨンジュウイチ ケツイ ナキ カイセン : ゲンダイ ニホン ノ キゲン
書名別名 現代日本の起源
出版元 人文書院
刊行年月 2016.6
ページ数 414p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-409-52063-5
NCID BB21481156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22762411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想