自由民権運動

松沢裕作 著

維新後、各地で生まれた民権結社。それはさまざまな理想と幻想が渦巻く"デモクラシー"の拠点であった。新政権への割り込みを狙う人びと、政府に抗い新しい社会を築こうとする人びと。激変する時代への不安と期待が「自由民権」の名のもとに大きな歴史のうねりとなってゆく。激化事件による終焉までを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戊辰戦後デモクラシー
  • 第2章 建白と結社
  • 第3章 「私立国会」への道
  • 第4章 与えられた舞台
  • 第5章 暴力のゆくえ
  • 終章 自由民権運動の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由民権運動
著作者等 松沢 裕作
書名ヨミ ジユウ ミンケン ウンドウ : デモクラシー ノ ユメ ト ザセツ
書名別名 〈デモクラシー〉の夢と挫折
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1609
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.6
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431609-1
NCID BB21469387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22766423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想