ぺリー来航

西川武臣 著

一八五三年五月、アメリカの東インド艦隊が那覇沖に、七月には浦賀沖に現れ、琉球王国と日本は開国と動乱の時代を迎える。「黒船」見物、琉球調査隊による発砲事件、乗組員の無断上陸、電信機実験など、そのとき多くの人びとが初めて西洋人と西洋文明に遭遇した。翌年の条約締結までの間、何が起こっていたのか。条約交渉過程を追いつつ、黒船絵巻や瓦版、日記などを博捜し、庶民が経験した事件としてのペリー来航を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一九世紀のアメリカと日本
  • 第2章 ペリー艦隊、琉球へ
  • 第3章 ペリー上陸-浦賀奉行と防衛体制
  • 第4章 再来から日米和親条約締結へ
  • 第5章 高まる人びとの好奇心-西洋との遭遇
  • 第6章 広がるペリー情報-触書・黒船絵巻・瓦版
  • 第7章 条約締結後の日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぺリー来航
著作者等 西川 武臣
書名ヨミ ペリー ライコウ : ニホン リュウキュウ オ ユルガシタ ヨンヒャクジュウニニチカン
書名別名 日本・琉球をゆるがした412日間

Peri raiko
シリーズ名 中公新書 2380
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.6
ページ数 176p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102380-3
NCID BB21453252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22764066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想