私の浅草

沢村貞子 著

"こんにちさま"が、どこに祭ってある神さまか仏さまか、誰も知らない。ただ、律儀な昔の女たちは、その日その日を無事に生きている以上、怠けていては"なにか"に申しわけない…と、いつも胸の中で思っていた。そのなにかが"こんにちさま"という言葉になったのだろうと思う。第25回日本エッセイスト・クラブ賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • あたりみかん
  • 銭湯
  • 初詣で
  • 駄菓子屋騒動
  • 源水のこままわし
  • 亡者おくり
  • どんどん焼き
  • 浅草の家
  • 男の年令
  • たかが亭主の浮気〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の浅草
著作者等 沢村 貞子
書名ヨミ ワタシ ノ アサクサ
シリーズ名 平凡社ライブラリー 841
出版元 平凡社
刊行年月 2016.6
ページ数 295p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76841-1
NCID BB21453059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22823299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
懐かしい『私の浅草』 橘右之吉
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想