重力波は歌う

ジャンナ・レヴィン 著 ; 田沢恭子, 松井信彦 訳

2016年2月、アメリカ・ワシントン発の報道が世界を揺るがせた-「重力波の直接観測に初めて成功!」。アインシュタイン最後の宿題がやっと解かれたと物理学界は湧き立ち、「ノーベル物理学賞間違いなしの偉業」と、手放しの賞賛がなされた。世界で最も美しい物理理論ともいわれる一般相対性理論100周年に奇しくもなされたこの偉業の陰には、理論畑・実験畑それぞれの天才の試行錯誤があり、人と人の確執があり、ビッグサイエンスならではの政治的駆け引きがあった。関係者への豊富な直接取材に基づいて、重力波を追い求めた人々が織りなす人間ドラマの全貌を初めて明かす待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ブラックホールの衝突
  • 雑音のない音楽
  • 天の恵み
  • カルチャーショック
  • ジョセフ・ウェーバー
  • プロトタイプ
  • トロイカ
  • 山頂へ
  • ウェーバーとトリンブル
  • LHO
  • スカンクワークス
  • 賭け
  • 薮の中
  • LLO
  • フィゲロア通りの小さな洞窟
  • どちらが早いか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 重力波は歌う
著作者等 Levin, Janna
松井 信彦
田沢 恭子
レヴィン ジャンナ
書名ヨミ ジュウリョクハ ワ ウタウ : アインシュタイン サイゴ ノ シュクダイ ニ イドンダ カガクシャタチ
書名別名 BLACK HOLE BLUES

アインシュタイン最後の宿題に挑んだ科学者たち
出版元 早川書房
刊行年月 2016.6
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209619-7
NCID BB21443259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22763041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想