糖尿病は自分で治す!

福田正博 著

健康診断などで、血糖値がすこし異常であると診断されたことのある人は少なくないだろう。しかし、それは「まだ異常ではない」という意味ではなく、「もう正常ではない」という非常に危険なサインなのだ。本書では、糖尿病診療三〇年の著者が、高血糖によって引きおこされる三大合併症や動脈硬化症の危険性、さらに「新合併症」と呼ぶ、がんや認知症、うつ病、歯周病との関連性を解説し、予防法を提唱する。また、糖尿病患者にとって、「夢の新薬か!?」と期待されるSGLT2阻害薬の効果など、糖尿病治療の最前線も紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まさかの糖尿病宣告を受けてどう生きるのか
  • 糖尿病治療最前線
  • あなたも糖尿病かもしれない
  • 糖尿病の本質的な問題は合併症にあり
  • 糖尿病を重とくにする4番目の合併症「動脈硬化」
  • 新合併症1 糖尿病になると認知症発症のリスクが高い
  • 新合併症2 糖尿病になるとうつ病発症のリスクが高い
  • 新合併症3 糖尿病になるとがん発症のリスクが高い
  • 新合併症4 糖尿病では歯周病のリスクが高い
  • 「夢の新薬?」SGLT2阻害薬の効果と問題点
  • 新薬登場で広がった選択肢と「インスリン」の今後
  • 糖尿病は「腹やせ」で治せ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病は自分で治す!
著作者等 福田 正博
書名ヨミ トウニョウビョウ ワ ジブン デ ナオス
書名別名 Tonyobyo wa jibun de naosu
シリーズ名 集英社新書 0839
出版元 集英社
刊行年月 2016.6
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720839-9
NCID BB21442697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22743462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想