天変地異の科学

西川有司 著

21世紀に入り、火山噴火、地震、津波の発生が多くなり、異常気象の影響から豪雨が多発、土砂崩れや洪水が起こり、一方で旱魃が広がっている。これらの"天変地異"という現象は、地球を一つの大きなシステムとしてとらえ、考えていくとよく見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天変地異にさらされる地球の謎
  • 第2章 巨大災害と地球システムとの関係
  • 第3章 地球のいろいろな動きから天変地異を探る
  • 第4章 地震、津波とマントル循環システム
  • 第5章 地球温暖化が炭素循環システムを破綻させる
  • 第6章 大爆発-破局噴火と火山活動
  • 第7章 天変地異からいかに自分を守るのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天変地異の科学
著作者等 西川 有司
書名ヨミ テンペン チイ ノ カガク
シリーズ名 おもしろサイエンス
B&Tブックス
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2016.5
ページ数 147p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-526-07570-4
NCID BB21413178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22759777
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想