リーディングス戦後日本の思想水脈  1

酒井 哲哉【編】

「敗戦国日本は平和国家へと転換した」-いささか食傷するほど語られてきたこの常套句は、果たして本当にそうであったのか?戦後論壇を彩った名著から浮かび上がるのは、戦前のアジア主義の残滓が陰に陽に影響を及ぼしながら、帝国主義とアジア主義、冷戦構造、果ては世代の問題まで、さまざまな対立軸が織りなす、保守と革新の入り組んだタペストリーであった。平和の理想(革新勢力)と現実(保守勢力)との二項対立的な図式を超えて、21世紀の「平和国家」の拠って立つ地盤を模索するための、今なお新鮮さに満ちた13篇を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 終戦から講和へ(国際民主生活の原理(一九四六年)
  • 文化国家の理念(一九四六年)
  • 三たび平和について(一九五〇年))
  • 2 革新ナショナリズムの形成(二つの世界とアジアの課題(一九五一年)
  • 世界史における現代のアジア(一九五五年)
  • 革新ナショナリズム試論-新たな国民像を求めて(一九六〇年))
  • 3 現実主義論争とその背景(中立日本の防衛構想-日米安保体制に代るもの(一九五九年)
  • 現実主義者の平和論(一九六三年)
  • 日本民族について(一九六四年)
  • 憲法第九条をめぐる若干の考察(一九六五年))
  • 4 変容する思想空間(東京裁判・戦争責任・戦後責任(一九八四年)
  • 日本はみずからの来歴を語りうるか-「世界史の哲学」とその遺産(一九九〇年)
  • なぜ、平和のリアリズムか-『平和のリアリズム』序(二〇〇四年))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リーディングス戦後日本の思想水脈
著作者等 酒井 哲哉
書名ヨミ リーディングス センゴ ニホン ノ シソウ スイミャク
書名別名 平和国家のアイデンティティ
巻冊次 1
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.6
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-027033-5
NCID BB21412357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22768804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想