陳独秀文集  1

陳独秀 [著]

新文化運動、五・四運動の先導者、中国共産党創立者でありながら、不当にその存在意義を貶められてきた「生涯にわたる反対派」の主要論説を編訳。第1巻は中共建党以前。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 『安徽俗話報』の創刊から五・四運動まで(『安徽俗話報』創刊の理由
  • 中国の瓜分
  • 国語教育 ほか)
  • 第2部 五・四運動から中共建党まで(山東問題と国民の覚醒
  • 『新青年』宣言
  • 民治を実行する基礎 ほか)
  • 付録-陳独秀旧体詩選(西郷南洲遊猟図に題す
  • 曼殊と偕に日本より帰国する舟中にて
  • 華厳の滝 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陳独秀文集
著作者等 小川 利康
小野寺 史郎
竹元 規人
長堀 祐造
陳 独秀
書名ヨミ チン ドクシュウ ブンシュウ
書名別名 初期思想・文化言語論集

Chin dokushu bunshu
シリーズ名 東洋文庫 872
巻冊次 1
出版元 平凡社
刊行年月 2016.6
ページ数 382p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80872-8
NCID BB21411999
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22824909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『安徽俗話報』創刊の理由 小野寺史郎
『新青年』の罪状に対する答弁書 小野寺史郎
『新青年』宣言 小川利康
『新青年』運営に関わる陳独秀書簡〈一九二〇~一九二一年〉 小川利康
『毎週評論』発刊の辞 小野寺史郎
『紅楼夢』〈私は「石頭記」を使った方がよいと思う〉新序 小川利康
われわれの最後の覚醒 小野寺史郎
フランス人と近世文明 竹元規人
上海厚生紗廠の湖南女工問題 竹元規人
中国の瓜分 小野寺史郎
五・四運動の精神とは何か 小川利康
人種差別待遇問題 小野寺史郎
伝統演劇について 長堀祐造
偶像破壊論 小野寺史郎
初期思想・文化言語論集 小川利康, 小野寺史郎, 竹元規人, 長堀祐造
労働者の自覚 竹元規人
国語教育 長堀祐造
婦人問題と社会主義 小川利康
対独外交 小野寺史郎
山東問題と国民の覚醒 小野寺史郎
愛国心と自覚心 竹元規人
憲法と孔教 小野寺史郎
政治を語る 小野寺史郎
敬んで青年に告ぐ 竹元規人
文学革命論 長堀祐造
新しい教育の精神 小川利康
新教育とは何か 小川利康
新文化運動とは何か 小川利康
新文化運動の同志諸君に告げる 小川利康
朝鮮独立運動の感想 小野寺史郎
東西民族の根本思想の差異 竹元規人
民治を実行する基礎 竹元規人
現代欧州文芸史譚 長堀祐造
胡適之に答える〈文学革命〉 長堀祐造
陳独秀旧体詩選 陳 独秀
陳独秀略伝 長堀祐造
随感録「仮面をはぐ」「大ぼらのウィルソン」「公理はいずこ」 小野寺史郎
随感録「過激派と世界平和」 竹元規人
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想