セリーナへの手紙

ジョン・トーランド [著] ; 三井礼子 訳

スピノザの、その向こうへ-スピノザを批判するアイルランド生まれの思想家ジョン・トーランド。ライプニッツやピエール・ベールとの論争を通じて彫琢された唯物論的自然哲学の鮮烈なメッセージ-「運動は物質に本質的である」

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文 これはロンドンの一紳士に宛てた手紙で、以下の諸論考と一緒に送られた。各論考について執筆のきっかけが含まれている
  • 第1書簡 偏見の起源と力
  • 第2書簡 異教徒における魂不滅説の歴史
  • 第3書簡 偶像崇拝の起源および異教信仰の諸理由
  • 第4書簡 オランダの一紳士に宛て、スピノザの哲学体系には原理あるいは基盤がないことを示す
  • 第5書簡 運動は物質に本質的である。「スピノザ反駁」に寄せられた、ある貴人からのいくつかの意見に答える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セリーナへの手紙
著作者等 Toland, John
三井 礼子
トーランド ジョン
書名ヨミ セリーナ エノ テガミ : スピノザ バクロン
書名別名 Letters to Serena

スピノザ駁論

Serina eno tegami
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1043
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2016.6
ページ数 325,3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01043-9
NCID BB21411467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22821464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想