杜甫全詩訳注  2

杜甫 [著] ; 下定雅弘, 松原朗 編

戦禍による社会秩序の崩壊や政治の堕落は、ついには杜甫の運命をも巻き込み、生涯にわたる漂泊の旅がここに始まる。日本を代表する漢文学研究者が結集した執筆陣による完全書き下ろし杜甫全詩訳注第二巻。本巻は、生活の場としていた大唐のまほろば洛陽、長安を去り、蜀道の難所を越えて、成都の草堂で安らかな生活を手にする時期の作品を収載する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 架を除く
  • 廃畦
  • 夕烽
  • 秋笛
  • 日暮
  • 野望
  • 空嚢
  • 病馬
  • 蕃剣
  • 銅瓶〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 杜甫全詩訳注
著作者等 下定 雅弘
杜 甫
松原 朗
書名ヨミ ト ホ ゼンシ ヤクチュウ
シリーズ名 講談社学術文庫 2334
巻冊次 2
出版元 講談社
刊行年月 2016.7
ページ数 927p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292334-7
NCID BB21390196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22769672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想