脳卒中理学療法の理論と技術

原寛美, 吉尾雅春 編集

日進月歩の脳卒中リハビリテーションに臨むために!脳卒中治療ガイドライン2015は勿論、rTMS・ボツリヌス治療や早期離床、動作分析、嚥下障害に対する姿勢改善など、2016年最新の知見と技術論を収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 解剖生理学の知識(大脳の構造と機能
  • 脳のシステム ほか)
  • 2 脳卒中の病態と治療(脳卒中の原因と病態
  • 脳卒中の内科的治療 ほか)
  • 3 評価の知識(ADLと総合評価
  • 運動機能検査 ほか)
  • 4 理論と理学療法(脳卒中の早期運動療法
  • 装具療法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳卒中理学療法の理論と技術
著作者等 原 寛美
吉尾 雅春
書名ヨミ ノウソッチュウ リガク リョウホウ ノ リロン ト ギジュツ
書名別名 Theory and practice of stroke physiotherapy

Nosocchu rigaku ryoho no riron to gijutsu
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 2016.6
版表示 改訂第2版
ページ数 497p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7583-1706-1
NCID BB21384262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22737913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想