感じるスコラ哲学

山内志朗 著

中世哲学における「感じること」に注目し、中世とは何だったのかを知る極上の入門書。ワインの生産、肉食やパン食の普及など、市民生活に根差した文化や習慣の観点からスコラ哲学を考察することで、西洋中世の生き生きとした側面を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 中世の五感(中世における「感じる」こと
  • 霊的感覚と味覚
  • ワインの中の中世神学
  • 神に酔う神学)
  • 2 ハビトゥスから神秘主義へ(ハビトゥスの形而上学
  • 享受の神学的背景
  • 神秘主義という感覚)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感じるスコラ哲学
著作者等 山内 志朗
書名ヨミ カンジル スコラ テツガク : ソンザイ ト カミ オ アジワッタ チュウセイ
書名別名 存在と神を味わった中世
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2016.5
ページ数 188p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7664-2319-8
NCID BB21352299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想