ポスト西洋世界はどこに向かうのか

チャールズ・カプチャン 著 ; 坪内淳 監訳 ; 小松志朗 訳

新興諸国が勃興し、西洋先進国が相対的に衰退しているのはもはや自明の理だ。しかも、民主主義などの西洋的価値は魅力を失い、世界は政治的・思想的にも多様化しつつある。世界史上はじめて、「誰のものでもない世界」が到来しているのだ。気鋭の政治学者カプチャンは、西洋の勃興期から二一世紀にいたるまでの世界の見取り図を描き、西洋没落後を見据えた戦略をクリアに示す。世界中で話題をさらった書がついに日本上陸!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大転換
  • 第2章 西洋の勃興
  • 第3章 直近の世界の大転換-西洋が世界を圧倒したとき
  • 第4章 次に来る大転換-非西洋の勃興
  • 第5章 西洋モデルとは異なる未来
  • 第6章 西洋の復活
  • 第7章 誰のものでもない世界をどうまとめるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト西洋世界はどこに向かうのか
著作者等 Kupchan, Charles
坪内 淳
小松 志朗
Kupchan Charles A.
カプチャン チャールズ
書名ヨミ ポスト セイヨウ セカイ ワ ドコ ニ ムカウ ノカ : タヨウ ナ キンダイ エノ ダイテンカン
書名別名 NO ONE'S WORLD

「多様な近代」への大転換

Posuto seiyo sekai wa doko ni mukau noka
出版元 勁草書房
刊行年月 2016.5
ページ数 9, 267,42p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-35167-1
NCID BB21349501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22755353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想