在と不在のパラドックス

平田栄一朗 著

演劇理論におけるプレゼンス論とアブセンス論を踏まえながら、観客が舞台作品を見る際に衝動や葛藤に駆られる内的で動的なプロセスの多様性を、上演分析によってあざやかに解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 在と不在の複眼的演劇論-本書の目指すところ
  • 理論編(プレゼンス‐アブセンス論争
  • 理論的前提とモデルケース)
  • プレゼンス編(出現の不確実-ストアハウスカンパニーの舞台作品を例に
  • 過剰と鬱-フランク・カストルフ演出『終着駅アメリカ』におけるパラドキシカルな生き延び策
  • 死者と生者の哀悼劇-ニードカンパニーの『ディア・ハウス』における自己分裂の演技と観客の想像力)
  • アブセンス編(身体の救出可能性と挫折のあいだ-ローラン・シェトゥアーヌ振付の踊らない身体
  • ネガティブな「ある」と「ない」のはざま-クリストフ・マルターラー演劇の持続性と歴史的時間
  • 「不在の像」との「つきあいかた」-マレビトの会のカタストロフィー演劇)
  • 受動の活動-「ある」と「ない」をめぐる観客の可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在と不在のパラドックス
著作者等 平田 栄一朗
書名ヨミ ザイ ト フザイ ノ パラドックス : ニチオウ ノ ゲンダイ エンゲキロン
書名別名 日欧の現代演劇論
出版元 三元社
刊行年月 2016.5
ページ数 396p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88303-406-2
NCID BB21343855
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22753672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想